【4.当日その1(バリウム検査等)|50代男性人間ドック体験記】

検査開始!バリウム検査でノックアウト?!

受診医療機関外観

【人間ドック受診医療機関の建物】

 

国内最大級の人間ドック予約サイト「マーソ」はコチラ

 

受付

先方の指定通り、朝8時20分に到着。

 

申し込み用紙、問診表、検便と痰の容器などを提出します。

 

オプションのピロリ菌検査もこの場で申し込みました。(事前予約の必要なオプションもあります。)

 

料金は後払いとのこと。

 

ロッカールームで検査着(着脱の容易なゆるい服)に着替えます。

 

ソファや大画面テレビのある、明るくて広々とした待合スペースでくつろぎながら、呼ばれるのを待ちます。

 

午前の検査

名前が呼ばれ、身長・体重・視力の検査から始まって、次々に検査が進行します。

 

次の検査の場所には必ずスタッフが案内してくれて、自分で探して迷うようなことは一切ありませんでした。

 

こまごました検査についてまで書くと長くなるので、それらは別にまとめ、ここでは人間ドックならではの印象に残ったものについてだけ書きます。

 

1.血液検査

血液検査は、これまで受けてきた京都市の健康診断でももちろんします。

 

血糖値とか、中性脂肪とか、コレステロールとか、定番で調べますね?

 

今回の違いは腫瘍マーカーとピロリ菌の検査があることです。

 

腫瘍マーカーとはがんがある時に血液中に増加する物質で、がんの種類によって違います。

 

今回は、がん死の原因上位を占める胃がん・大腸がん・肺がん等はもちろん、50代以降の男性でハイリスクな前立腺がんの腫瘍マーカーも調べます。

 

ピロリ菌は胃がんの原因となる菌で、これの存否も血液検査でわかります。

 

この検査はオプションで追加申し込みをしたものです。

 

以上のように、今回の血液検査はいつもと違うのですが、採血後の検査技師の作業が違うだけで、私にとっては採血の仕方はいつもと変わりません。

 

2.バリウムX線検査

私が選んだプランの胃の検査は、胃カメラではなくバリウムを飲んでのX線撮影になっていました。

 

まず、発泡剤を飲んで胃を空気で膨らませ、次にバリウムを飲みます。

 

発泡剤と水

【発泡剤と水】

 

紙コップに入ったバリウムは白い溶液ですが、ずっしりとした金属化合物の重さが「決して食べ物ではない」ことを伝えてきます。

 

飲みにくいとは聞いていましたが、その原因は味や臭いではなく、のど越しの重さだったのです。

 

無臭でフルーティな味付けがされていますが、一口飲むたびに胃にドスンとたまる感じで、女性やお年寄りには結構苦痛かもしれません。

 

バリウムを飲む

【検査装置に乗り、バリウムを飲む】

 

しかし、この検査は次のプロセスの方が大変かもしれません。

 

台の上に乗せられ、検査技師診療放射線技師がその台をアトラクション遊具のようにいろいろな向きに傾けながら、次々に指示を出してきます。

 

バリウムX線撮影

 

「寝返りを打ってうつぶせになってください。」

 

バリウムX線撮影

 

「もう一度、寝返りをして上を向いて。常に同じ向きに回転してください。」

 

バリウムX線撮影

 

「げっぷをしないで。胃から空気が抜けています。もう一度、発泡剤を飲んでください。」

 

こんな調子で続きます。

 

胃を膨らませた状態で胃壁にまんべんなくバリウムを塗りつけるためにやっているんだと思いますが、やらされる方はなかなか大変です。

 

とはいえ、胃カメラを選んだとしても、あれはあれで別の苦痛があるでしょう。

 

まあ、ひとつのいい経験と捉えて、楽しむことにしました。

 

ちなみに胃カメラ(内視鏡検査)も大変人気で、この医療機関では他機関に比べより多くの受診者の胃カメラ検査を行えるようになっているとのこと。

 

1日あたり約50名の受診が可能だそうです。

 

今回バリウムを体験したので、次回の人間ドックではぜひ胃カメラに挑戦してみたいと思います。

 

3.腹部超音波検査

腹部超音波検査

【腹部超音波検査】

 

体外から内臓に超音波を照射して、反射波で形状を調べる検査です。

 

いわゆるエコー検査で、妊婦さんなどはおなじみの方法です。

 

がんが出来て内臓の形が変形していたりすると、これでわかります。

 

ゼリーをつけた超音波放射器具をお腹のあちこちに押し付けてくるので、くすぐったくてたまりませんでした。

 

くすぐったがる人、痛がる人、何ともない人がいるそうですが、私は「こそばがり派」のようです。

 

変に動くと画像がブレるとのことで、必死で耐えました。

 

つづき−5.当日その2(CT&MRI) を読む

 

国内最大級の人間ドック予約サイト「マーソ」はコチラ